Twitterを楽しむ

Twitter(ツイッター)とは、米国でスタートした、今何してる?という問いに答えて更新していくという、シンプルなWebサービスが始まりです。ユーザー登録をすると、自分専用のページが作成されて、そこから今何をしているかを投稿することができます。
投稿された発言は、特に設定をしなければ誰でも見ることができます。
投稿できる文字数は最大140文字に制限されているので、長い文章などは投稿できません。
なので「つぶやき」と表現されるように、短い言葉で投稿していく形になります。


ブログの場合、記事の構成内容を考えたり、見る人のことを意識して書く場合が多いですが、Twitterは1つのつぶやきが140文字に制限されている分、その時に思ったことを短く投稿することができます。
Twitterが始まった当初は140文字という小さい単位で投稿していく、ブログのようなサービスのためミニブログとかマイクロブログとも呼ばれていました。
その後利用者が増えるに従って、メールやチャットに代わるコミュニケーションの手段、そして今では誰でも簡単にインターネットを通じて、情報発信できる手段の一つとして活用されるようになりました。


これだけではただ単にひとりごとをつぶやくだけの、サービスになってしまいますが、Twitterにはフォローという他のユーザーをフォローすると、自分以外のユーザーの発言を、自分のページに表示させることができます。フォローするお友達を増やしていくことで、つぶやきから他のユーザーの近況を知ることができます。
さらには、そのお友達のつぶやきに返事をすることができ、会話をすることも可能です。


他にも誰でもインターネットを通じて情報発信できる特性から、そのリアルタイム性の高さにも注目されるようになりました。
例えば地震が起こると地震に関するつぶやきが投稿されて、ニュース速報よりも早く一報が伝わります。しかし、そういったニュースなどとは遠い、誰でも気軽に情報発信できる性質から、必ずしもその発言が正確ではない場合があります。
そういったTwitter上で頻繁に投稿される、つぶやきの中から自分なりに情報を取捨選択し、話題のニュースや情報をいち早く得るのがTwitterの楽しみ方と言えます。
もちろんお友達とコミュニケーションをとったり、Twitterを通じて友達の輪を広げていくといった楽しみ方もできます。私は1月にTwitter新年会に初めて参加しました。ほとんど初めて会う人たちで緊張しましたが、そこそこ楽しかったです。その後もTwitter上で交流が続いています。